屋内用のぼりスタンドの選び方

のぼりは、屋外に設置することが多いのですが、中には屋内に設置するお店もあります。

のぼりを設置する時はポールスタンドが必要になりますが、屋内にのぼりを設置する場合の、ポールスタンドの選び方についてまとめています。

【屋内用ポールスタンドの種類】

屋内用ののぼりポールスタンドの種類ですが、鉄板型、おりたたみ型、マグネット型があります。

鉄板型はすっきりしたデザインなので屋内設置に適しています。

また、おもりがないため別にポールウエイトが必要です。

おりたたみ型はスタンドの足がおりたためるので収納場所も取りませんし持ち運びも便利です。

マグネット型はスチール面にのぼりを設置する時に使うものです。

強力なマグネットがついているので、店内用のポールをしっかりキャッチします。

【屋内外兼用のスタンドとは】

のぼりの設置用スタンドには、屋内でも屋外でも使えるものがあります。

それが、注水型のもので、スタンドの中に水を入れて重くし、安定させます。

のぼりの設置場所まで空で移動させ、そこで水を入れれば良いので力のない人でも移動が簡単にできます。

このタイプのスタンドが一般的に使われています。

【値段はリーズナブル】

屋内用ののぼりスタンドはどれもリーズナブルです。

一般的な注水型のものなら2000円くらいからあり、鉄板型で3000円から4000円くらい、おりたたみ型は4000円前後、マグネット型は2000円前後から4000円前後です。

のぼり自体も安いですし、ポール、スタンドとセットにしてもそれほど費用がかからないので、宣伝に使うところが多いのですね。