効果的なのぼりの設置方法について

のぼりは安価で宣伝効果があるので利用する人が多いです。

設置や移動も簡単なので使いやすいのですが、ただ単に並べて置くのでは良い効果が期待できません。

集客を上げる、効果的な設置方法を知っておきましょう。

【密集しすぎ、少な過ぎはNG】

できるだけたくさんののぼりを並べて宣伝しようと考えるのはわかりますが、あまりにも密集し過ぎると肝心のお店を隠してしまうことになります。

また、数本しか設置していないのも寂しい印象になるので、ほど良い本数が必要です。

のぼり自体が鮮やかな色合いであれば、少ない本数でもしっかりアピールできます。

□参考記事>>https://cho-animedia.jp/event/27409/

のぼり設置の理想的な間隔は、1.8mだと言われています。

この間隔で並べるとお店の外観も損なわず、歩行者からも車に乗っている人からも認識されやすいのです。

【いろいろな設置方法】

のぼりを並べる間隔は1.8mで統一し、のぼり旗の配置を変えていろいろな設置方法を考えてみましょう。

同じ種類ののぼりを並べると統一感が出て、上品に見えます。

もう一つは同じ色合いののぼりで、内容の違うものを配置するとお店の統一感はそのままでサービス内容の豊富さをアピールできます。

また、同じ内容で配色が違うのぼりを置くと華やかさが出ます。

セールの時などにぴったりです。

【置き方一つで雰囲気が変わる】

のぼりは簡単に移動できますし、毎日配置を変えることも可能です。

もちろん毎日ずっと同じ設置方法でも構わないのですが、日によって設置方法を変えてみると変化が出て毎日お店の前を通っている人にも興味を持ってもらうことができます。

置き方一つでお店の雰囲気も変わりますので変えてみるのも良いでしょう。