のぼりの設置に許可を得なければならないことがある

のぼりの設置は、お店の敷地内であればどんな並べ方をしても問題はないのですが、設置する場所によっては許可を得なければならない場合があります。

それを知らずにのぼりを置き、注意されたということがないようにしましょう。

【条例に従うこと】

のぼりの設置については、都道府県などの条例に定められたとおりにしないといけません。

住居専用地域であるとか、道路は最初から禁止されていますが、車道と歩道の境目でも禁止となっている場合があります。

ですからのぼりは、条例によって決められた使い方をしないといけないのです。

【条例は場所によって違う】

のぼり設置についての条例ですが、都道府県や市区町村ごとに内容は違います。

A県では設置がOKだったけれど、B県では設置が禁止になっているということもあるのです。

景観条例というものもあり、のぼりを設置することで景観を損ねるというような場所には設置を禁止していることがあるので注意しましょう。

【設置の申請の方法は】

のぼりを設置する時には、まずその地域の条例を確認します。

たいていホームページなどに掲載されていますので、設置を禁止されている区域、許可されている区域がわかります。

設置が許可されているのであれば、許可申請を提出しましょう。

許可の申請先は、自治体によって違いますので注意してください。

もし、許可を得ないまま設置し、違反がわかると是正勧告指導を受けます。

それでも改善がなかったら撤去されることがあります。